株式会社椰子屋 トップページへ

椰子屋メインイメージ 椰子

ホーム > ブログ > 注目のオバマ大統領

注目のオバマ大統領

残念ながら、というべきか、日本ではラオスの話題を耳にすることは

あまり多くはないのですが、2016年9月8日に行われた東アジア首脳会議の

模様をニュースでご覧になった方もいらっしゃると思います。

会場はラオスの首都ビエンチャンでした。

IMG_1424

現地スタッフのポンさんによると、普段はのんびりとした街が一変して

警備が厳しくなり、一部会社や学校などがお休みになったそうです。

そしてラオスの人の一番の関心は、オバマ大統領。現職アメリカ大統領

として初のラオス訪問ということで、その言動に注目が集まっていたようです。

米国は今後3年間で、ラオス国内に大量に残るベトナム戦争時のクラスター爆弾

など不発弾の撤去に約9000万ドル(約90億円)をつぎ込むとこのと。不発弾に

おびえ、苦しめられている人々にとって朗報となりました。戦争終結直後には、

約7500万の不発弾と2億8800発のクラスター弾が残されたと報じられているラオス。

その不発弾が相当数未だ回収されていないという現実に、戦争の悲惨さと残酷さを

思い知らされます。

 

ところで、上述の政治的な言動以外にも何かと注目されていたオバマ大統領。

椰子の実を抱えてココナッツウォーターを飲むオバマ大統領の写真なども

報道されていましたが、ビエンチャンの男性陣がこぞって興味を持っていたのが車。

自国の公用車を持ち込んでいた国も多く、国の代表がどんな車に乗っているのか

ということも興味津々だったようです。

ちなみに、オバマ大統領はやはりキャデラック、安倍総理はレクサスでしたね~。

 

少し前まで雨が多く気候が不安定でしたが、天候にも恵まれ無事首脳会議も終わり、

まるでお祭りのようだった慌ただしさも落ち着いたようです。

 

次回からはのんびりとしたラオスの紹介になりそうです。